TOP医学小知識>インフルエンザの治療薬

医学小知識

インフルエンザの治療薬

太田西ノ内病院 呼吸器科

予防と治療

 インフルエンザの薬には予防するためのワクチン接種と発症早期に使用して重症化を防ぐために使う治療薬の2つのタイプがあります。それぞれ、安全性と効果が実証されているので適切な使用が望まれます。

インフルエンザワクチン

 ワクチンは毎年その年に流行することが予想される菌株をWHO(世界保健機構)が発表して、各国がそれに応じてワクチンに使う菌株を(A香港とAソ連とB型の3種のうちの特定の3つの菌株)指定して、各製薬会社が製造したワクチンを検査の上、認可するという手順を踏んで、毎年10月下旬から一般の医療機関での接種が可能になります。ワクチンが効果を現すのに2週間程度かかるのと、その効力の持続が半年程度とされていることと、毎年のインフルエンザの流行が早くて12月下旬で、1月下旬から3月上旬に最も流行するので、ワクチン接種は12月上旬までにしておくのがよいとされています。ワクチンは死菌ですから、生ワクチンと違って感染する危険はありませんが、毎年接種する必要があります。製造の途中で卵を使用しているので強い卵のアレルギーがある方には接種できません。効果は70%に有効とされていますので、65歳以上の高齢者と気管支喘息やCOPDなどの基礎疾患がある方は接種が奨められています。また、健康なひとにも勿論有効ですから、医療関係者や保育園の職員などにも奨められています。受験生も接種しておけば試験日の体調に万全を期すことができます。現在、接種は1回でよいとされています。

pic pic pic
ワクチン接種 タミフルカプセル リレンザ吸入器

発病後の治療薬

 一方、インフルエンザ流行期に高い発熱で発症するとインフルエンザが疑われます。咽頭粘膜や鼻腔粘膜を綿棒で擦ってインフルエンザがいるか調べる方法は簡単に結果がでます。きわめて早期ですと罹っていても陰性の結果がでることがありますが、陽性なら間違いありません。そのときには発熱から48時間以内なら現在2種類の薬が主に使われています。カプセルで内服するオセルタミビル(商品名タミフル)と吸入薬のザナミビル(商品名リレンザ)があります。どちらも1日2回5日間使用します。治療により3 日以内解熱して効果が現れます。また、インフルエンザは細菌性肺炎を合併することもありますので、肺炎を合併したときには抗生剤を使用します。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .