TOP医学小知識>肝炎の種類

医学小知識

肝炎の種類

太田熱海病院 消化器科

 肝炎の種類は、病因による分類(A型肝炎など)と病態による分類(急性肝炎など)とで異なります。ここでは病因別に肝炎を分類して簡単に説明します。また、肝炎と類似する概念として肝機能障害がありますが、ここでは同列に扱って説明します。
 肝炎の原因として最も重要なものは、ウイルスです。食物や汚染された水から感染するA型肝炎、家族内感染や血液を介しての感染が主な原因となるB型肝炎やC型肝炎などがあります。これらのウイルスは、いずれも特異的に肝炎を引き起こすことから、肝炎ウイルスと呼ばれています。A型肝炎は急性肝炎を経て完治することが多いのに対して、B型肝炎やC型肝炎はウイルス感染が持続しやすく、慢性化し肝硬変などに発展する場合があります。ウイルス性肝炎には、その他にE型肝炎やデルタ肝炎と呼ばれるものもありますが、日本では稀な疾患です。またG型やTTVと呼ばれるウイルスの存在も知られていますが、まだ十分な検討がなされておらず詳細はわかっていません。
 一般のウイルスのなかにも肝機能障害を引き起こすウイルスがあります。伝染性単核球症などの原因ウイルスとして有名なEBウイルス、帯状疱疹や脳炎の原因ウイルスともなる単純ヘルペスウイルスの仲間などが知られていますが、その他にも、サイトメガロウイルスなど、多くのウイルスが肝機能障害を引き起こすとされています。
 ウイルス性肝炎の次に重要な疾患としては、薬剤性の肝機能障害が挙げられます。肝障害を引き起こす薬物は無数に存在しますが、病院で使用している薬で肝機能障害をきたす場合もあり、薬剤を服用するときは、定期的な肝機能検査が欠かせません。漢方薬や一般の風邪薬でも肝障害をきたすことがあります。同じ薬剤でも肝障害の程度は個人差が大きく、発見が遅れると重症化する場合もあり注意が必要です
 生活習慣と関係する肝障害では、アルコール性肝障害と脂肪肝があります。最初の頃は自覚症状が少ないこともあり、どちらも軽んじられる傾向があります。アルコール性肝炎は重症であることも多く、肝硬変の患者がアルコールを大量に摂取すると、肝不全を引き起こして死亡することもあります。脂肪肝では、他の生活習慣病との合併が多く、総合的な判断ときちんとした管理が必要になります。これらの疾患は、今後ますます増加してゆく可能性があります。
 免疫の異常によって発症する特殊な肝炎として、自己免疫性肝炎と原発性胆汁性肝硬変症があります。血液中に自己抗体が出現するのが特徴ですが、ウイルス性肝炎や薬剤性肝障害と鑑別しにくいこともあり注意を要します。多くは慢性的な経過をたどります。治療法は他の肝炎と異なる点もあり、専門的な判断が必要です。
 その他に、代謝性の肝障害や、寄生虫によるもの、胆管周辺の疾患によって二次的に発症する肝障害など、さまざまな原因で肝炎が引き起こされます。まったく原因不明なものもあり、重症度もさまざまです。症状と検査値が必ずしも一致しないこともありますので、自己判断せずに必ず専門医の指導をうけて、適切な治療を心がけてください。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .