TOP医学小知識>肝臓がん

医学小知識

肝臓がん

太田西ノ内病院 消化器科

(1)背景、疫学

肝臓癌には原発性肝癌(肝臓の組織から発生)と転移性肝癌(胃癌や大腸癌など他の臓器にできた癌細胞が肝臓に転移してきたもの)がありますが、通常は前者を指します。原発性肝癌の95%は肝細胞癌です。(他に胆管細胞癌などがあります)さらに肝細胞癌の95%がウイルス性肝炎を背景として発症しその数は現在も増加傾向です。癌の死亡率では男では肺がん・胃癌についで第3位であり、女では結腸癌・乳がんについで第5位でした。しかし肝硬変による肝不全死をあわせると、男30,172人 女13,073人でそれぞれ第2位の胃癌・肺がんの死亡者数に匹敵する数になります。肝硬変も肝癌も肝炎ウイルスが原因です。 B型肝炎ウイルス(HBV)が15〜20%、C型肝炎ウイルス(HCV)が70〜80%を占めています。 いずれも持続感染により肝に慢性炎症が生じ、線維化が惹起されます。繊維化が進行し慢性肝炎から肝硬変へ移行するにつれ肝細胞癌の発生率が上昇します。

(2)肝細胞癌の診断と治療

他の臓器の癌と異なり肝細胞癌はB型慢性肝炎・肝硬変、C型慢性肝炎・肝硬変の患者さんから発生するわけですから、患者さんを定期的に診察していきます。毎月1回の血液検査(腫瘍マーカーを測定します。AFPとPIVKA−Uを交互に)と画像診断(エコーやCT)も症状の有無に関わらず数ヵ月毎におこないます。
治療は,手術(肝切除)、経皮的エタノール注入療法(PEIT)、経カテーテル的肝動脈塞栓術(TAE)、マイクロ波凝固療法(MCT)、化学療法、放射線療法があります。2004年4月よりラジオ波焼灼療法(RFA)が加わりました。非常に期待されている治療法です。当院では、全ての方法が可能になっています。しかし肝細胞癌はウイルスによる慢性肝疾患を母地として発生するため高い再発率が問題となっています。肝臓外科・放射線科・消化器内科(肝臓専門医)・病理医の緊密な協力体制が必要です。当院はいずれの専門医もそろっておりまた肝臓学会の指導施設に認定されています。
詳しく知りたい方は、肝臓学会のホームページもご参照ください。
 (日本肝臓学会 http://www.jsh.or.jp/index.html

pic pic pic
腹腔鏡による肝硬変像 肝細胞癌のエコー 肝細胞癌のCT
 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .