TOP医学小知識>健康診断で脚ブロックと言われたら

医学小知識

健康診断で脚ブロックと言われたら

太田西ノ内病院 循環器センター

 脚ブロックとは心電図異常の一つで、とくに自覚症状もなく基本健診や職場検診で発見されることが多い。心臓を収縮させるために必要な刺激を発生させ、伝える働きを持つ特殊な心筋を刺激伝導系と言い、心臓の拍動を支配し調節している。刺激伝導系は右心房の上部にある洞結節から心房内を伝わり、房室結節を経て心室内へ入る。心室内の興奮伝導は、ヒス束を経て右脚と左脚に分かれ、プルキンエ線維を介して右室と左室へ伝わっていく。心室内伝導が障害される部位により、右脚ブロックと左脚ブロックに大別される。これらの現象を記録したのが心電図で、QRS波は心室筋の興奮を反映し、T波はその興奮がさめる過程を示す。心室内伝導障害を有する脚ブロックでは、伝導が遅延するのでQRS波は0.12秒以上に幅広くなる。そして、右脚ブロックではV1のQRS波が分裂してrsR’のM字型を示し、I、V5−6でS波を認める。左脚ブロックでは、V1−2がQS型に近いrS型を示すことが多い。右脚ブロックは、これといった特別な基礎疾患のない健康者に多く、ほとんど治療は不要である(ただし不完全右脚ブロックは稀に心房中隔欠損を合併する)。左脚ブロックは、心疾患を合併することがあり、胸部X線写真、心エコー検査などを行って、異常が見つかれば治療が必要となる。以上のように、基本健診や職場検診で見つかる脚ブロックは、そのものが治療の対象となることは少なく、基礎に心疾患がなければ経過観察となる。太田綜合病院では西ノ内・熱海・の2病院ともホルター心電図や心エコー装置を持っており、循環器専門医が外来診療を毎日行っております。健康診断で脚ブロックと言われたら、簡単に外来でこれらの検査を受けることができますし、ほとんどの場合は治療を要しませんので、気軽に太田西ノ内病院・太田熱海病院へいつでもおいで下さい。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .