TOP医学小知識>痔のお話し

医学小知識

痔のお話し

太田西ノ内病院 外科

 日本人成人の75%は痔の経験があると言われております。痔と言っても痔核(いぼ痔)、裂肛
(きれ痔)、痔瘻(あな痔)の3つに大きく分類されます。
 痔核は肛門部への過度の刺激や鬱血による静脈の拡張・血行障害により発生するもので、直腸と肛門の境目にある歯状線より上に出来る内痔核と下に出来る外痔核に分けられます。
 内痔核は排便時や激しいスポーツなどによるいきみ、長時間座りっぱなし、妊娠や出産時、アルコールなどの刺激物の過度の摂取などが原因です。最初は排便時の出血のみですが、痔核が肛門外に出るようになると痛みを伴うこともあります。ひどくなると痔核が肛門の外に出たままで指で押し込んでも戻らなくなります。治療は坐薬や軟膏、内服薬が主ですが、ひどい場合には手術も行います。最近では機械を使ったPPHと言う方法も行われ、入院期間が短くなっております。
 外痔核は強いいきみなどで生じる肛門皮下の静脈の鬱血による血栓(血の塊)で、強い痛みを伴います。時には切開することもありますが、大部分は保存的に治ります。
 裂肛は太く固い便が無理に通過したために肛門出口付近が切れて起こります。排便時の出血と痛みがありますが、慢性化すると潰瘍となり痛みが持続します。繰り返すと肛門が狭くなり手術が必要になることもあります。
 痔瘻とははれ痔と呼ばれる肛門周囲膿瘍が進み、溜まった膿が出た後に残った管のことです。膿の混じった分泌物が出たり、肛門周囲の痒みや不快感を感じます。薬では治りません。治す方法は手術しかありません。
 痔を予防するためにはお風呂に入りお尻を常に清潔にしましょう。便秘や下痢に気をつけ、肛門部の鬱血をきたさないようにしましょう。症状が出た場合、自分で判断せず医者に相談しましょう。

 太田西ノ内病院肛門外来は、毎週木曜日の午後だけですが、肛門外来以外の日でも一般外科外来にて診察を行っておりますのでご相談ください。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .