TOP医学小知識>急性腹症とは何か

医学小知識

急性腹症とは何か

太田西ノ内病院 外科

 急性腹症とは急激に発症し、激しい腹痛を伴う数多くの疾患の総称で、早急に診断・治療(多くは手術)を必要とします。原因としては、消化器疾患に限らず婦人科疾患、泌尿器科疾患なども含まれます。現在では、検査・画像診断の進歩によりそのほとんどで原因検索が可能となり、原因不明な場合は少なくなっています。
 急性腹症と判断される場合は、痛みだけでなく、ショック症状(血圧の低下などの循環不全、意識障害、冷や汗など)を伴うより重症の場合もあり、このような場合はショックの治療とともに呼吸・循環の管理を行いつつ検査・緊急手術にいたる場合もあります。
 一般的に、急性腹症と考えられる病気・病態には穿孔性腹膜炎(胃や腸などの管腔臓器に穴があいて胃・腸液がもれて腹膜炎に至る)、ひどい急性虫垂炎、急性胆嚢炎、急性胆管炎、急性膵炎、腸がねじれたタイプの腸閉塞、ヘルニアで飛び出た腸が数時間戻らない場合、また、お腹の大動脈の瘤の破裂、腸の動脈・静脈の急性の閉塞などがあり、これらは緊急手術・処置を必要とする場合がほとんどです。他に、尿路結石、卵巣の捻転などの泌尿器・婦人科の病気もあります。
 診察にあたっては、体の診察、各種検査だけではなく、問診として、痛みに関して(いつから)(どんなときに)(どんなふうに)(どこが)(痛みは弱くなっているのか、強くなっているのか)、さらに以前の状態や病気の有無(特にお腹の手術を受けたことがあるか、特殊な薬を飲んでいるか)などに十分に答えていただくことも非常に重要なことです。
 いずれにしましても、普段感じないような痛みや治まらないような痛みの場合は医師の診察を早く受けるようにしましょう。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .