TOP医学小知識>恐ろしい角膜炎

医学小知識

恐ろしい角膜炎

太田西ノ内病院 眼科

 角膜は、いわゆる“くろめ”にあたる部分で、透明な組織でできています。目でものを見る仕組みは、この角膜を通過した光が目の中に入ることから始まります。角膜の病気の多くは、表面の上皮にできた傷から起きてきます。コンタクトレンズの不適切な使用や、目に入ったゴミ、逆さまつげなどが頻度の高い原因として考えられます。
上皮は敏感なので傷ができるととても痛み、涙が出て、目が赤くなります。上皮細胞は修復速度が早く、きちんとケアすれば短期間で治ります、しかし、傷が治りきるまではバリア機能が低下していますので、細菌などに大変感染しやすい状態が続きます。もしそれらに感染してしまうと、角膜はそれを取り除く力が弱いので、小さな傷でも急に悪化することがあります。

主な角膜感染症

細菌性角膜炎:角膜の表面についた傷から細菌が侵入しておこります。角膜を越えて眼球の内部にまで細菌が侵入すると、失明の危険性もありますので、抗生物質での強力な治療が必要となります。

真菌(カビ)性角膜炎:植物などによる傷や、ステロイドを含む点眼剤の長期使用、コンタクトレンズの手入れが不十分なときなどにかかりやすくなります。

角膜ヘルペス:ヘルペスはウイルスの一種で、もともとは小さい頃に感染し、多くの人が身体の中に持っています。これが疲れやストレスなどをきっかけに角膜で活動を再開すると、角膜炎が起きます。抗ウイルス剤の軟膏を中心に治療を行いますが、再発をくり返す例があります。

アカントアメーバ角膜炎:湖や川などの淡水にいるアメーバによって起こる角膜炎です。近年、過った手入れ方法で、アメーバで汚染されたコンタクトレンズを装用することでこの病気になる人が増えています。薬が効きにくく、病巣を削る処置も必要になります。

角膜炎は重症だったり、くり返すと透明なはずの角膜が濁ってしまい、永続する視力障害を残すことがあります。日頃のケアで予防することはもちろん、かかってしまったら、早期に適切な治療をすることが大切です。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .