TOP医学小知識>眼底検査から分かること

医学小知識

眼底検査から分かること

太田西ノ内病院 眼科

 眼底は視神経、網膜、網膜を養う動脈や静脈などから構成されています。眼底検査とは瞳孔を特殊な目薬で開くことにより上記の構造を詳しく観察することができる基本的な眼科検査のひとつです。そして眼底出血、網膜剥離、視神経炎、黄斑変性などさまざまな病気が見つかり治療につながっていくのです。
いくつかの病気について具体的にお話しましょう。
 まずは緑内障です。緑内障とは簡単にいうと眼圧が高くなり視神経を圧迫し視野が徐々に欠けてくる病気です。しかし眼圧が正常にもかかわらず緑内障となる人(正常眼圧緑内障NTG)が日本人に多いことが知られるようになりました。そこで重要になるのが眼底検査です。視神経乳頭の形状(簡単にいうと神経がどれだけ圧迫されているか)を観察することができ、NTGを見つけ出すのに非常に有用であり不可欠な検査となっています。
 次に糖尿病網膜症です。糖尿病が原因で眼底出血等が出現し、さらに進行し放置していると失明にいたる恐ろしい合併症です。進行した網膜症はレーザー治療や手術が必要となることが多く視力改善も難しいのが現状です。そこで早期発見、早期治療が重要となるわけですが、ここでも威力を発揮するのが眼底検査です。初期の網膜症の段階で適切な治療をうけることにより視機能を保つことは不可能ではないのです。
 次に高血圧です。眼底は人体で唯一血管の状態を直接肉眼で観察することができるポイントです。ここに動脈硬化や、血管が細くなっているなどの変化が見られた時には、全身の血管にも同じような変化があると考えられます。これによって脳硬塞や心筋梗塞の危険を予測することができるのです。もちろん目にも高血圧から眼底出血などをおこし、失明の原因となることもあります。
 その他の病気でも自覚症状のないまま進行してしまっていることがよく見うけられますが、眼底検査はその多くを発見することのできる大切な検査です。当院ではコンタクトレンズを用いた詳細な眼底検査や造影剤を用いた眼底検査を行うことができ正確な診断、治療に役立てています。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .