TOP医学小知識>コンタクトレンズと涙

医学小知識

コンタクトレンズと涙

太田西ノ内病院 眼科

 コンタクトレンズは、涙が潤滑油のように働き、角膜(くろめ)にのっています。涙には、角膜に必要な酸素や栄養分を取り込ませたり、外界のばい菌に対して殺菌作用や感染防御の役割もあります。
 涙が不足し目の表面が乾いてしまう病気がドライアイです。涙が少なくなると、上記の役割が十分に果たせなくなり、弊害は生じてきます。ドライアイの人がコンタクトレンズを装用すると、こうした悪影響が出やすくなりますし、また、普通の人でもコンタクトレンズの装用で目が乾きやすくなります。
 ドライアイの症状には、「何となく目が疲れる」、「目が重い」、「ゴロゴロする」、「朝、目が開けにくい」があります。

コンタクトレンズとアレルギー

 コンタクトレンズには涙に含まれるタンパク質や花粉、ホコリなどが表面につきやすいものがあります。これらが原因となり、結膜(とくにまぶたの裏)にアレルギー反応がおこることがあります。この状態のままでレンズの装用を無理に続けると、大きなコブ状の隆起(乳頭)が結膜にたくさんできるようになり、ひどくなると角膜が混濁することもあります。

コンタクトレンズと感染症

 コンタクトレンズを装用していると、時には角膜に傷がついて細菌やかびに感染する危険性があります。その中で失明の危険が高いのがアカントアメーバ角膜炎です。アメーバは感染力が非常に弱いので健康な人が感染することはめったにありませんが、コンタクトレンズの消毒を怠ったり、不潔な取り扱いをした場合には角膜に感染する可能性があるので注意が必要です。

安心してコンタクトレンズを使うために

 ○装用時間を正しく守る。
 ○目が乾きやすい状況では装用時間を減らす。
 ○コンタクトレンズは常に清潔に保つ。
 ○目の調子がよくても定期検査を必ず受ける。
 ○少しでも異常を感じたらすぐに眼科医の診察を受ける。

コンタクトレンズは医療用品ですので、信頼のおける医療機関で検査を受けるようにして下さい。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .