TOP医学小知識>80歳で20本の自分の歯をもとう

医学小知識

80歳で20本の自分の歯を持とう

太田西ノ内病院 歯科

 日本は超高齢化社会を迎えようとしていますが、大切なのは、健康な心身を保って幸せな生を全うすることだと思います。おいしく食べることができることは、そのための基本的な要件の一つであると思われますが、それには概ね20本以上の歯が必要です。

◆歯が20本以上あると下記のようなメリットがあります。

1:ほとんどの食べ物は自分の歯で食べられる。
2:入れ歯で食べるよりもきちんと噛めて、味もよくわかり、おいしさが実感できる。
3:きちんと噛むことにより、唾液が十分に出て、ガンの予防になる。
4:きちんと噛むことにより、脳の老化を防ぎ、ボケ防止やボケの改善にもつながる。
5:良く噛めることにより、精神状態や胃腸の状態を良く保ち、免疫機能の向上に役立つ。
6:良く噛めることにより、全身の筋力や骨格の維持に効果があり、寝たきりになるのをふせぐ。
7:顔貌が若々しい。
8:etc.

◆80歳になっても歯を20本保つには下記のようなことが大切です。

1:若い時から虫歯と歯周病を防ごう。できたものは早く治そう。
2:食事は硬軟取り混ぜてよく噛み、砂糖は控えめに。
3:食べたらブラッシング(自分にあった歯磨きの仕方を衛生士さんに習おう)。
4:定期的に歯科検診を(虫歯、歯周病、口腔粘膜、顎骨など)。
5:生活習慣病にならない生活を心がけよう(病気はなってから治すよりも予防したほうが人生の
  貴重な時間を失わずにすみます)。

 太田西ノ内病院歯科では、月〜土毎日外来診療を行っています。入院治療もおこないます。お口やその周辺でお困りの方はどんなことでもご相談ください。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .