TOP医学小知識>糖尿病の運動療法

医学小知識

糖尿病の運動療法

太田西ノ内病院 運動指導室

 糖尿病は生活習慣病の代表です。食べ過ぎや運動不足など、誤った生活習慣が病気を引き起こし、悪くする原因となります。運動不足が原因の一つですから、運動が治療に役立つ事は間違いありません。糖尿病に対する運動の効果には次のようなものがあります。

血糖が下がります(食後の上昇を抑える)。

 運動中、筋肉は血液中のブドウ糖(血糖)も燃料として使います。このため、ある程度高めの血糖値は、使われた分だけ下ります。また、運動を食後に実施すると、使われた分だけ食後の血糖上昇を抑えることができます。

インスリンの働きが良くなります。

 糖尿病患者さんの血糖値が高くなるのは、多くの場合、インスリンというホルモンの働きが悪くなっているためです。運動を続けるとこのホルモンの働きが良くなり、糖尿病の状態を改善することができます。

他の生活習慣病にも効果をもたらします。

 肥満症、高脂血症、高血圧症等も生活習慣病です。糖尿病の患者さんではこれらの病気を併せ持つ人が少なくありません。運動を継ける事により、これらの病気も予防したり改善したりすることができます。

 このように、運動には様々な効果がありますが、全ての人に良い結果をもたらすとは限りません。糖尿病の状態や合併症の状態によっては、運動がかえって病気を悪くしてしまう事もあります。また、何をしても良い、やればやる程良いというのでもありません。運動の仕方を間違うと効果が得られないばかりか、有害なものとなりかねません。運動を始める前に医学的なチェックを受け、運動しても問題がない事を確認しておきましょう。また、身体的なチェックを行い、自分にあった運動の仕方を見つけることも大切です。太田西ノ内病院の糖尿病センターでは、医師とトレーナーがチームを組み、積極的に運動療法に取り組んでいます。ぜひ一度ご相談下さい。具体的な運動の仕方については次の機会に。

 
 

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .