膵嚢胞性腫瘍
膵臓がん
乳がん
乳がん
乳がん
食道の疾患
05 -注目の疾患-

下肢静脈瘤
かしじょうみゃくりゅう

  2016年6月より外来手術で、「下肢静脈瘤血管内焼灼術」をおこなっております。最小限の創で静脈瘤を治すことができる低侵襲治療です。

最新のレーザー焼灼機(波長1470nm)と日本で最も細いファイバーを使用します。

・保険適応です。
日帰り手術(外来手術)あるいは、1泊2日です。
・ほとんど寝ているうちに終わります。

下肢静脈瘤(だるい・つる・色素沈着・うっ滞性皮膚炎)

 足(下肢)の表在静脈の弁が壊れて(静脈弁不全)、下肢静脈瘤ができます。女性や立ち仕事の方(調理師・理容師など)は起きやすく、長い間かけて起きてくる病気です。急激に症状は悪化しませんが、放置すると皮膚の炎症(湿疹・色素沈着)や潰瘍をおこします。ほうっておいてもけっして良くなりません

下肢静脈瘤のおもな症状

  1. だるい・むくみ・つる(こむらがえり):特に、夕方になると、足の症状が強くなる。
  2. かゆみ色素沈着:足がかゆくなり、皮膚に茶色の色素沈着がでてくる。
  3. きず(潰瘍)静脈瘤:足の静脈がぼこぼこして、きず(潰瘍)がなかなか治らない。これを繰り返す。

 上記3つのどれかに当てはまる方、下肢静脈瘤でお悩みの方は、末梢血管外科外来へ受診してください。

下肢静脈瘤になりやすい職業

立ち仕事(調理師、理髪師、美容師、クリーニング業など)

当院での治療について

下肢静脈瘤手術治療実績(日帰り手術)(2012年以降)

末梢血管外科医師紹介(非常勤:毎週水曜日)

PAGETOP
太田西ノ内病院 外科
一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital Foundation All rights reserved .