TOP太田西ノ内病院各センターのご紹介>総合睡眠医療センター

総合睡眠医療センター

 睡眠は、私たちの人生の約1/3を占めています。
現在私たちが住んでいる環境や私たちの職場などからも睡眠は大きく影響を受け変化しますが、 質の良い睡眠をとることは快適な日常生活を営む上で必要不可欠なことです。 また、その睡眠が損なわれると生活習慣病の発症にもつながります。
 
 しかし、自分が自分の睡眠を正確に評価することは、残念ながら不可能なことです。
 太田西ノ内病院 総合睡眠医療センターでは、終夜睡眠ポリグラフィーと呼ばれる睡眠検査から睡眠時無呼吸症候群を代表とした睡眠呼吸障害の正確な診断や治療効果判定を行い、皆様により快適な睡眠が得られるように指導・治療を行っております。
 あなたの睡眠について現在心配していることがありましたら、お気軽にご相談ください。

睡眠医療センター
あなたの睡眠は健康? 睡眠と肥満について
睡眠検査のご案内
診療時間
お問い合わせ


あなたの睡眠は健康?

あなたの睡眠は健康ですか?あなたのいびきは大丈夫?

「いびき」でも命を縮めることがあると知っていましたか?

いびきは、深い眠りのサインでは決してなく、重大な病気のサインなのです。
このいびきは、眠ると空気の通り道が狭いことを意味しています。いびきが進むと空気の通り道はさらに狭くなり、 無呼吸(=呼吸停止)を伴うようになります。これが「悪いいびき」、すなわち「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれる病気です。「悪いいびき 」は、高血圧や糖尿病ばかりでなく、 心筋梗塞や脳梗塞の原因になり命を縮めることもあることが明らかになっています。 また「悪いいびき」は、睡眠中に気付かない内に何度も脳を起こすため寝不足になり、 そのため日中に眠くなり、高率に交通事故などを引き起こすのです。 ですから、適切な検査(睡眠検査)と治療を受けなければならないのです。


いびき音 Play→

なぜ「睡眠検査」をしなければならないのでしょう?

「悪いいびき」の悪さの程度を調べるには、睡眠検査が必要です。 その検査は、睡眠の状態や呼吸停止の長さ、それによる酸素欠乏の状態を正確に計測して初めて診断できるのです。 「睡眠検査」は、夜7時頃から翌朝7時頃まで一晩入院して頂いて検査を行うため、勤務されている方でも仕事を休むことなく検査できます。 また、睡眠中の脳波や心電図や呼吸状態を記録して診断しますので、どの施設でもできる検査ではないのです。

もっと詳しく知りたい!
睡眠と肥満について

▲このページのTOPに戻る

睡眠検査のご案内

終夜睡眠ポリグラフィー検査の流れ

検査室

患者さまに快適なお休みをとっていただくために、検査室は個別空調でセミダブルベッドを設置しております。 PHOTO


モニター解析室

検査結果の解析は日本睡眠学会認定検査技師が行います。
解析結果から睡眠時無呼吸症候群と診断され、鼻マスクによるCPAP(持続陽圧呼吸療法)が必要な場合には、 後日CPAP治療圧決定とその導入のために再度1泊2日でご入院していただきます。

モニター解析室 CPAPタイトレーション
モニター解析室 CPAPタイトレーション

▲このページのTOPに戻る

診療時間


 (睡眠呼吸外来)

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前     高崎 雄司 金子 泰之 金子 泰之  
午後     福医大医師
(第1週)
金子 泰之    

※完全予約制
※2号館1階で診察となります。
※終夜睡眠ポリグラフィー検査(1泊2日の検査)は、火・木の予約検査です。

▲このページのTOPに戻る

お問い合わせ

お問い合わせ

▲このページのTOPに戻る

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .