ホーム太田熱海病院>理学療法

理学療法 - 太田熱海病院

理学療法とは

病気やけが、加齢、身体の障害などによって運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持、改善、回復を目的にさまざまな運動や湿熱、電気などの物理的手段を用いて行われる治療方法です。

当院の理学療法

患者様の病状や身体の状態を適切に評価し、患者様にとって最適な理学療法治療プログラムを作成していきます。
病気や障害があっても自分らしく暮らしたいという患者様の思いを大切にし、日常生活動作の改善を図り、住み慣れた住まいや地域で安心して自分らしく暮らせることを共に目指します。


 

 

※退院に向けたご家族への介助方法の指導、福祉用具の使用方法や住宅改修のアドバイス など

理学療法の流れ

1.理学療法についての説明

理学療法について、どのようなことが行われるのかをご説明いたします。

2.理学療法評価

患者さんの目的にあった適切な理学療法治療プログラムメニューをご提供するため、入院前の生活状況などについておうかがいします。
身体の状況やできる動作、行いにくい動作などの確認を行います。

3.目標の設定

入院中の目標を患者さんと一緒に考え、治療プログラムとリハビリの計画を立案します。
リハビリの実施計画書をお渡しして、患者さん、ご家族に確認していただきます。

4.理学療法の実施

1回の理学療法は1〜3単位(1単位20分)となります。頻度や実施時間は、患者様の目標や体調、 リハビリの進行状況に合わせて決定していきます。
担当スタッフは代行のスタッフとなることがあります。
理学療法のプログラムや目標について分からないことがあれば、いつでもご相談ください。

5.再評価

必要時又は1ヵ月に1回再評価を行い、目標達成度の確認、治療プログラムの再検討を行います。
その都度、患者さんやご家族に改善回復した所や今後の見通しについてお話いたします。
※3〜5を繰り返し

6.終了

必要に応じて、退院後に利用される介護事業所や施設に対し、患者さんのリハビリ情報を送る場合があります。

スタッフ配置人数(2020/07現在)

○理学療法科:23名
【内訳】
 ○一般病棟:10名
 ○回復期病棟:10名
 ○外来:2名(兼務)
 ○訪問リハビリ:2名
 ○通所リハビリ:1名(兼務)
 ○外来受付:1名
 ○マッサージ:1名
 ○介護老人保健施設(出向):1名

資格取得(2020/07現在)

呼吸療法認定士:6名
福祉住環境コーディネーター2級:3名

学会発表

2017年 2月 回復期リハビリテーション病棟協会第29回研究大会(広島県)
「当院における適切な危険予知トレーニングの場面設定について」 桑原達徳
2016年10月 リハビリテーション・ケア合同研究大会茨城2016(茨城県つくば市)
「押し車を治療戦略として使用することで、
伝い歩きでの自宅退院が可能となった一症例」
山本優
「危険認知能力の変化により歩行自立が可能となった症例」 五十嵐志乃
「家族として退院支援を受けて」 小森千聖
2016年 3月 回復期リハビリテーション病棟協会第27回研究大会in沖縄(沖縄県宜野湾市)
「当院回復期病棟における脳卒中片麻痺患者に対する
下肢装具の作成時期と種類について の一考察 」
松崎嵩
2015年 2月 第25回研究大会in愛媛(愛媛県松山市)
「退院後実態調査への療法士の意識調査から」 小林 美智

太田熱海病院

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .