TOP太田西ノ内病院外来診察のご案内診療科案内・日割表>リウマチ・膠原病科

外来診察のご案内

診療科変更

リウマチ科

診療科案内

 診療内容
太田西ノ内病院リウマチ科では関節リウマチ、膠原病、及びその類縁疾患の診断、治療を行っています。関節リウマチが疑われる症状(朝のこわばり、多関節痛),膠原病が疑われる症状(原因不明の発熱、易疲労感、関節痛、皮疹、レイノー現象)、膠原病が疑われる検査成績の指摘(赤沈亢進、高ガンマグロブリン血症、白血球減少、蛋白尿、抗核抗体陽性)がある方は受診をお勧めします。適切な診断、治療及び治療方針の提示をいたします。必要な場合は福島県立医科大学附属病院等にも紹介いたします。

 診療を行っている主な病気
関節リウマチ、若年性関節リウマチ、悪性関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、混合性結合組織病、血管炎症候群(結節性多発動脈炎、ウェジナー肉芽腫症、大動脈炎症候群)シェーグレン症候群、ベーチェット病など

 当院で行っている主な治療
 関節リウマチの診断、治療;関節のX線、MRI検査を用いた早期診断・治療から難治性関節リウマチの治療、合併症の治療を行います。関節リウマチは治療の遅れや効果のない治療を続けると関節破壊が進行し、変形を来たすようになり日常動作が難しくなります。これを防ぐため早期にメトトレキセートなどの内服治療を行います。手術適応があれば、的確に判断し整形外科と連携して治療にあたります。
  生物学的製剤;関節リウマチの関節の炎症に深く関わっているサイトカインを抑える抗体による治療です。現在抗TNF療法と抗IL-6療法とT細胞選択的共刺激調整剤があり、6種類の製剤が使用可能です。メトトレキセートで効果不十分の場合や、重症の場合に適応があります。
  全身性エリトマトーデスなどの膠原病の診断、治療;これらの病気は多彩な臨床症状を示します。診断には血液検査、尿検査、各種画像検査を組み合わせて行います。治療には副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制剤が中心となり、重症例ではステロイドパルス療法、免疫吸着療法、白血球除去療法、大量ガンマグロブリン療法など強力な治療を選択します。

 メッセージ
診断のつかない関節痛,筋肉痛,発熱等で困っていらっしゃる方がいれば一度受診されてください。

 その他
可能なら紹介状持参ください。また予約制ですので可能なら予約を入れて来院お願いします。

▲このページのTOPに戻る

診療日割表

【受付時間】 午前 7:30〜11:30 午後 7:30〜16:30
        ※新患のみ 7:30〜16:00
【診療時間】 午前 9:00〜 午後 13:30〜

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
午前 鈴木 英二 鈴木 英二     菅野 孝 鈴木 英二※
福島医大医師         (再来予約のみ)
午後     菅野 孝(予約制) 予約診療(間 桃子)    

【備考】
 ※土曜日の鈴木医師の診察は第2・4週で再来予約のみとなります。

▲このページのTOPに戻る

医師紹介

菅野 孝 【部長】
専門、得意分野 膠原病、リウマチ
経 歴 福島県立医科大学卒業 (1986年3月)
公立小野町地方綜合病院
塙厚生病院
資格、所属学会 医師免許 (1986年5月)
日本内科学会認定内科専門医
日本リウマチ学会専門医
趣 味 推理小説を読む、書く
コメント・その他 
鈴木 英二 【医長】
 
専門、得意分野 リウマチ膠原病
経 歴 福島県立医科大学医学部卒業 (2000年3月)
福島県立医科大学大学院医学部研究科卒業 (2006年3月)
福島県立医科大学 消化器・リウマチ膠原病内科 (2000年5月〜2001年3月/2005年4月〜2005年9月/2009年4月〜2010年2月/2012年4月〜2013年3月)
塙厚生病院 内科 (2001年10月〜2002年3月/2005年10月〜2007年3月)
太田西ノ内病院 リウマチ科 (2007年4月〜2009年3月)
Medical University of South Carolira (2010年3月〜2012年3月)
資格、所属学会 日本内科学会 総合内科専門医 (2006年)
日本リウマチ学会 リウマチ専門医 (2007年)
日本消化器病学会 消化器病専門医 (2008年)
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医 (2010年)
日本免疫学会
日本臨床免疫学会
趣 味 
コメント・その他 

▲このページのTOPに戻る

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .