ホーム>学校紹介

学校長あいさつ

学校長 日本における医療専門職に対する「卒前・卒後教育」のあり方は、最近、大きく変化しています。理由の一つとして最も重要なのは、「国家試験に合格した新人の医師・看護師・その他職員」が、患者さんに接するのに必要な 「コミュニケーションや実地能力に欠けている」 という現実であり、社会的にも批判されています。
そのような状況を改善するための取組はそれぞれの教育現場で行われてきましたが、国家資格を持たない学生が行う 「医行為」 には当然の制約があり、実地教育を行う上での課題でした。
変革に向かって舵が来られるキッカケとして、平成16年度から施行された「新人医師に対する卒後臨床研修」の義務化がありました。それに伴って医学生に対する「卒前医学教育」の内容も大幅に改定され、実地能力を高めるための「カリキュラムや評価制度」も導入されました。これは、大きな変化でした。
 
同じような変化は、「看護師教育」においても見られます。 すなわち、法の改正により平成22年度から国家試験に合格した新人看護師に臨床研修が「努力義務化」されました。 それに対応するように、看護学校における卒前教育では「教室での座学」から、臨床の現場における実地能力を高めるための「臨地実習教育」の比重が増してきたのは必然的なことです。
 
一般財団法人太田綜合病院附属の看護専門学校として「特に」強調できるのは、重要性が増している臨地実習への積極的な対応です。当法人には救命救急センターや周産期医療センターを含め急性期・亜急性期・慢性期医療、介護に対応する附属施設(太田西ノ内病院、太田熱海病院、介護老健施設桔梗など)があり、看護学生に必要な実地教育の場が充足しています。これら施設では、国家試験に合格した「新人看護師を育成するためのキャリア開発支援プログラム」が作成され、実行されています。同時に、看護学生に対する臨床実習の充実を目指して平成21年度に「臨床実習指導者院内認定制度」を発足させました。その結果、毎年20名前後の「臨地実習指導者」が誕生してきましたので、看護学生教育を実践するための体制が確立され、充実しています。また、看護部長をはじめとして太田看護専門学校を卒業した先輩看護師が付属施設に多数勤務していますので、看護学校と臨地実習の教育現場とが密に連携して、個々の学生を見守り、育成する体制が確立しています。その結果、と判断するのはまだ「尚早」ですが、従来よりもさらに高い比率で、卒業生が当法人付属施設での勤務を希望しています。
 
看護師を目指したいと考えている皆さんの入学をお待ちしています。
太田看護専門学校長 堀江 孝至

沿革

明治28年(1895) 8月   太田三郎 郡山市中町38に病院開設
昭和33年(1958) 6月 1日 太田綜合病院附属看護婦養成所(准看護婦養成所)開所
昭和42年(1967) 9月 1日 財団法人太田綜合病院附属高等看護学院(定時制2年課程)開設
昭和46年(1971) 3月 31日 各種学校として認可を受ける
昭和50年(1975) 11月 6日 西ノ内に新築移転
昭和51年(1976) 4月 1日 全日制3年課程(第1部)新設、定時制2年課程(第2部)を併設する。定員は第1部2部とも30名
昭和52年(1977) 4月 2日 太田綜合病院附属看護婦養成所(准看護婦養成所)閉所
昭和56年(1981) 2月 28日 専修学校専門課程として認可を受ける
  4月 1日 財団法人太田綜合病院附属看護専門学校と校名変更
平成元年(1989) 4月 1日 第1部の入所定員(1学年40名)承認
平成14年(2002) 3月 29日 新校舎落成式
  4月 1日 新校舎落成に伴い、校名を太田看護専門学校と変更、
また所在地を緑町へ変更、 第1部の定員1学年70名に変更
平成15年(2003) 3月 31日 太田看護専門学校(定時制2年課程)閉部
平成24年(2012) 4月 1日 入所定員(1学年80人)承認
平成25年(2013) 4月 1日 一般財団法人 太田綜合病院に改組
校歌

理念

設置主体である、一般財団法人太田綜合病院は、明治28年の創設以来「生命の尊厳と平等」を基本理念とし、保健・医療・福祉の分野において地域に根ざした幅広い活動を展開している。本校がめざす教育はその理念を受け、命の大切さ・尊さを守る看護師、自ら考え行動する看護師、職業に自信と誇りをもつ看護師を育成することである。

教育目的・目標

【教育目的】
本校は学校教育法及び保健師助産師看護師法に基づき、看護の専門的知識・技術・倫理観の統合をはかり、対象が健康を得るための支援活動を実践する能力を修得し、地域社会に貢献できる看護師の育成を目的とする。
 
【教育目標】

1) 看護の対象である人間は、身体的・精神的・社会的・スピリチュアル的側面をもつ統合された存在であると理解できる能力を養う。
2) 人間関係を発展させるために、自分を知り、相手を思いやることを深め看護の対象に応じた人間関係能力を養う。
3) 看護師としての倫理観をもち、命の大切さ・尊さを守ることができる能力を養う。
4) 対象が健康を得るために、専門的知識・技術・倫理観を統合させた看護、科学的根拠に基づいた看護を実践できる基礎的能力を養う。
5) 保健・医療・福祉における看護の機能と役割を理解し、社会の変化・地域のニーズに対応できる基礎的能力を養う。
6) 看護師として自信と誇りをもち、自ら学び続ける姿勢を養う。

学内のご案内

※画像内の番号をクリックすると詳細をご覧いただけます。

1階 エントランス 下足室 事務、応接室 図書室 調理実習室 在宅看護実習室 準備室、教材室 基礎看護実習室 学生ワークスペース 屋上
看護の創始者であるナイチンゲール像が出迎えてくれます。横にあるお花は、月に2回ご好意で活けに来てくだる方のお花です。
エントランス@エントランスAエントランスB
学生も職員もここを通って中に入ります。換気のための窓がないのが玉にきず・・・です。
下足室
学校の入り口にあります。ここで事務的な手続きが行われます。
事務室、応接室、講師室
医学・看護学の専門書がずらりと並んでいます。講義や実習の自己学習には最適な場所です。
図書室@図書室A
糖尿病食・腎臓病食など治療のための食事を学びます。ここで昼食をとることも可能です。
調理実習室@調理実習室A
タタミが敷いてあり、お風呂やトイレなど、家の状況を再現しています。
在宅看護実習室
血圧計や体温計、ガーゼ、手袋、注射器、聴診器、車いすなどなど、看護に関係するものが置いてあります。
準備室、教材室@準備室、教材室A準備室、教材室B
12のベッドがズラリと並んでいます。ここで、看護の技術を学びます。
基礎看護実習室@基礎看護実習室A基礎看護実習室B基礎看護実習室C
お昼を食べたり、勉強したり・・・。
学生ワークスペース@学生ワークスペースA学生ワークスペースB
素敵なウッドデッキがあります。夏にはラベンダーが咲きます。
屋上@屋上A
2階 情報科学室 第1〜4教室 第5、6教室 学生ワークスペース スロープ
ここにはパソコンがあり、授業やレポート作成時、使用します。
情報科学室@
普通教室は4つあり、ここで授業を受けます。
第1教室〜第4教室@第1教室〜第4教室A第1教室〜第4教室B第1教室〜第4教室D第1教室〜第4教室E第1教室〜第4教室G
5・6教室の間には通常仕切りがなく、2クラス合同で行う場合に使用されます。
第5、6教室@第5、6教室A第5、6教室B
各教室の前には広い廊下があり、机・椅子が並んでいて、学生が思い思いに使うことができます。
勉強したり、お昼を食べたり、話をしたり・・・
学生ワークスペース@学生ワークスペースA学生ワークスペースB
1階と2階の間には長いスロープがあります。
実習場でもある太田西ノ内病院やせせらぎ小道が見渡せ、よい眺めです。
遠くには安達太良山も見えます。しかし、もう若くはない先生方には「結構 きます(-_-;)」
スロープ@スロープAスロープB
地下1階 教材室 更衣室 講堂 ホワイエ カンファレンス 校長室 教務室
理科実験室にあるような、人体模型・骨格模型が多数あります。
教材室@教材室A教材室B
学生が個人で使用できるロッカーは2FとB1と2ヶ所あり、この更衣室ロッカーは、ユニフォームに着替えるために使用します。
全校生が一同に会すことができる校内唯一の場所です。
学生自治会の総会や入学式・卒業式・戴帽式などの式典に使われることが多いです。学校同窓会から送られた、グランドピアノが置いてあります。
講堂@講堂A講堂B講堂C
フランス語で娯楽室・たまり場などの意味があり、当校でも、話をしたり、勉強したり、お昼を食べたり様々なことに使用されます。
ホワイエ@ホワイエAホワイエB
主には先生方の会議に使われる場所です。
カンファレンス@カンファレンスA
こちらが校長室です。
校長室@
先生方の机が並んでいて、全員が揃ったら圧巻です。
しかし、授業に実習指導にと日々飛び回っている先生方には、座っている時間はないのでした。

実習施設紹介

実習のほとんどは一般財団法人太田綜合病院及び社会福祉法人太田福祉記念会の施設で行います。(主に隣接する太田西ノ内病院で行います。)

【その他の実習施設】
桔梗保育園
介護関連事業所
社会福祉法人 太田福祉記念会
医療法人 慈圭会 すがのクリニック
社会福祉法人 郡山コスモス会
社会医療法人 あさかホスピタル
福島県立須賀川支援学校 郡山校
古川産婦人科  など

教職員からのメッセージ

教員からのメッセージ

学校紹介

お問い合わせ メール送信
PAGETOP
Copyright © Ohta General Hospital Foundation All rights reserved .