ホーム>学校生活

年間行事

年間行事

イベント情報

2020年度来校型オープンスクールを開催しました

7月18日(土)にオープンスクールを開催しました。
新型コロナウィルス感染症の感染予防のため、少人数で短時間に変更しました。
内容は在校生との懇談、手洗いや注射の授業体験でした。参加された方からは「在校生からいろいろな話ができてよかった」「とても楽しく充実した時間だった」といった感想をいただきました。
次回は8月23日(日)に開催を予定しております。

オープンスクール オープンスクール

春季防災訓練を実施しました

2020年度春季防災訓練を6月26日と7月15日に実施しました。
今回は密を避けるため、今回は1・2年生と3年生を分けて訓練を実施しました。
地震および火災を想定し、各教室からの避難経路を確認しながら避難しました。その後、消火器での消火訓練を体験しました。

防災訓練 防災訓練

2020年度 入学式

2020年4月8日に本校・講堂において、2020年度45回生の入学式が挙行され、80名の新入生が入学を許可されました。
新型コロナウィルス感染症の感染予防対策のため、入学生と教職員、在校生代表者のみの参加となりました。
新入生の席には、在校生からの歓迎の気持ちを込めたメッセージカードと折り紙のナースキャップが添えられていました。

入学式 入学式

42回生 卒業式

3月11日、10時から本校講堂において42回生の卒業式が行われました。
堀江孝至学校長より一人ひとりに卒業証書が授与されました。
新型コロナウイルス感染症への対応により、卒業生と教職員のみの出席となりました。
また、たくさんの方々にお祝いのメッセージやお花をいただきました。在校生からはピンクのバラのコサージュがおくられました。校舎の壁やスロープに教職員が飾り付けをし、あたたかい雰囲気のなか61名卒業生が巣立っていきました。

卒業式 卒業式
 
卒業式 卒業式
 
卒業式 卒業式

校舎の大掃除 -3年間の感謝をこめて-

3年生は、国家試験の受験が終り、卒業にむけて準備をすすめています。
3年間、学校生活を送った校舎を3年生が感謝をこめて大掃除をしていました。
教室やワークスペース、スロープなど隅々まで丁寧に掃除してくれました。特に、普段はなかなかできないガラスの高いところまできれいに磨いてくれました。
校内が、明るくきれいになり、とても良い気持ちになりました。ありがとうございました。

校舎の大掃除 校舎の大掃除
 
校舎の大掃除 校舎の大掃除
 
校舎の大掃除

予餞会

国家試験受験の3年生への激励会
 
1月10日(金)に予餞会が行なわれました。学校長より励ましの言葉をいただきました。
予餞会では、在校生と教職員が激励の意味をこめて、出し物を披露しました。
1年生は、映像を駆使した励ましのメッセージと合唱、2年生は、クイズを企画し会場を和ませていました。試験や実習準備で忙しいなか、3年生のために一生懸命に考えて発表していました。
3年生と共に楽しい時間を過ごすことができ、参加した全員が、あたたかな気持ちになりました。
 
42回生の皆さんの国家試験全員合格を祈念します。

予餞会 予餞会
 
予餞会 予餞会
 
予餞会

秋季避難訓練

授業中に地震が発生し、避難を開始するとともに、要救助者があり救護活動をするという設定で行なわれました。
3年生が中心となり、負傷者の救護に真剣に取り組んでいました。

避難訓練 避難訓練
 
避難訓練 避難訓練
 
避難訓練 避難訓練

44回生 戴帽式

戴帽おめでとうございます。
副学校長より、一人ひとり、あこがれのナースキャップを戴きました。戴帽式の前に、自治会からコサージュがおくられ、3年生が胸につけてくれました。
支えてくださるすべての方々に感謝し、仲間と共に看護の道を歩むことを誓いました。

44回生 戴帽式 44回生 戴帽式
 
44回生 戴帽式 44回生 戴帽式

在校生の声

3年生 Kさん(女性)

3年生になり、約半年間続いた領域別実習が終わりました。
最初は長期間の実習が不安で仕方ありませんでしたが、振り返るとあっという間に感じます。
 
実習では対象との関わり方に悩んだり、対象理解を深めていくことに難しさを感じたり、時には辛くて逃げ出したくなるときもありました。 悩みながらも自分なりに考え、先生方や友人に支えていただきながら実習を進めていくなかで、今まで学校で学んできたことを臨床の場で実感したり、その領域の実習でしか行うことができない技術を体験したりと、経験と学びも増えていきました。対象へのねがいと思いを持って関わることで、やりがいや喜びを感じることもたくさんありました。これから最後の看護の統合と実践実習と大切な国家試験があります。今までの学びを十分に活かし、さらに夢に向かって残りの半年間、みんなで乗り越えていきたいです。

2年生 Mさん(男性)

2年生に進級してから4か月が過ぎました。
1年次は主に解剖生理学や看護の技術を学んできました。病棟実習では、患者さんに自分は何が出来るのか悩みましたが、先生が親身になって相談にのって下さったので本当に助かりました。患者さんのニードを考えるのは難しいのですが、たくさん悩む分、得るものが多いです。
 
2年次に入ってからは、1年生で学んだことを基盤に、病態生理学といったより臨床に近い内容を学んでいます。授業の進行が早いのですが、先生や先輩方に分からないところを聞きながら進めています。太田看護専門学校にはチューター制があり、チューターグループのメンバーや、先輩方や後輩と楽しく交流が持てており、とても楽しいです。5月には球技大会があり、新しいクラスともすぐに親睦が深まりました。これからも、みんなと一緒に頑張っていきたいと思います。

1年生 Sさん(女性)

私の母は看護師として働いています。その影響もあり、幼い頃からの夢は看護師になることでした。入学前は漠然と考えていた夢でしたが、太田看護専門学校に入学してから、授業を通して看護師の仕事に対する使命感は強まっています。
看護の勉強は何もかも初めて学ぶことばかりで大変ですが、友人と切磋琢磨しながら日々の学習に取り組み、とても充実した毎日を送っています。
 
看護学校では、看護の対象になる方を理解するための知識や、援助を行う際の看護技術など、学ぶことがたくさんあります。中でも様々な看護技術演習では、実践することの難しさを痛感しており、そのため事前学習や復習は欠かさず行うようにしています。
太田看護専門学校にはチューター制というシステムがあり、先輩や先生から学習面や生活面でアドバイスをいただけるとてもよい環境です。これからも、看護師に必要な知識や技術を培い、実際の臨床の場で適切な援助を行って、患者さんを支えられるような看護師になりたいと思っています。

学校生活

お問い合わせ メール送信
PAGETOP
Copyright © Ohta General Hospital Foundation All rights reserved .