TOP太田西ノ内病院各センターのご紹介>循環器センター

循環器センター

当循環器センターは1991年に開設され、循環器内科医と心臓血管外科医がチームを編成し、心臓病(虚血性心疾患、不整脈、心不全等)や大血管(動脈解離、動脈瘤等)の病気の検査・診断から治療・手術まで一貫して行っている独自の施設です。CCU・心臓カテーテル室は病棟に併設されており、急変時の迅速な対応が可能です。

特徴 診療内容の概要 診療実績
学会、研究など 心臓弁膜症部門 心臓リハビテーション外来
市民講座 心臓血管撮影装置が2台新しくなりました

特徴

○日本循環器学会の認定循環器専門医研修施設で、学会指定の専門医により治療がなされま
  す。
○日本胸部外科学会の認定医制度指定施設で、経験の豊富な心臓血管外科専門医が外科側の
  治療にあたります。
○循環器内科、心臓血管外科の専門医が密接に協議し,連繋のもとに治療が行われています。
○インフォームドコンセントを大切にし、現時点におけるスタンダードな治療を最新の技術で提供
  できるよう、日夜努力しています。
○当院の救急救命センターと常時、連繋しており、循環器内科医7名(専門医4名)と心臓血管外
  科医3名に加えて数名の研修医、そして多くのコメディカルスタッフが24時間で対応できる体制
  をとっております。
○短期入院(カテーテル治療で3日〜7日間、冠動脈バイパス術で14〜21日程度)を実践していま
  す。
○外来部門における密接なフォローアップを行いますが,同時に地域医療機関との連繋も大切に
  しています。

▲このページのTOPに戻る

診療内容の概要

循環器内科

○虚血性心疾患の診断と治療
  (狭心症,心筋梗塞)
64列冠動脈CTによる狭心症、心筋梗塞の診断、心臓カテーテル検査,経皮的冠動脈形成術(バルーン、ステント、ロタブレータ)を適切な時期に,より安全な方法で治療を提供しています。
○弁膜症の診断と治療 心エコーを中心に弁膜症の診断とフォローアップ,手術療法の必要時期を適切に判断 しています。
○心不全の治療 基礎疾患ごとの病態評価とエビデンスに基づく治療の選択を行い、心室再同期療法(CRT)も行っています。
○不整脈の治療 徐脈性不整脈に対するペースメーカー治療、ならびに頻脈性不整脈の薬物治療、高周波カテーテルアブレーション、植込型除細動器(ICD)による治療を積極的に行っています。薬剤が無効となった発作性心房細動の患者にも高周波カテーテルアブレーションを積極的に施行しています。
○下肢の閉塞性動脈硬化症の治療 カテーテルによる狭搾血管、閉塞血管に対し血管形成術を積極的に行っています。
○肺塞栓症、静脈血栓症の治療 急性期の血栓溶解療法、抗凝固療法,下大静脈フィルターによる治療を行っています。
○心臓リハビリテーション 狭心症・心筋梗塞・心不全・開心術後
下肢閉塞性動脈硬化症の方に生活の質向上を目的に行っています。

心臓血管外科

○虚血性心疾患に対する外科治療
  (狭心症、心筋梗塞、心筋梗塞合併症)
冠動脈バイパス術、心室瘤切除、左室形成術、心室中隔穿孔の閉鎖など
○弁膜症に対する外科治療 弁置換術、弁形成術
○大血管手術 大動脈瘤、大動脈解離に対する人工血管置換術や大動脈修復術、グラフト付ステントによる動脈瘤の治療
○先天性心疾患 心房中隔欠損症や心室中隔欠損症、動脈管開存症などに対する手術
○不整脈疾患に対する外科治療 心室頻拍の外科治療、心房細動、粗動に対する外科治療など
○末梢血管手術 閉塞性動脈硬化症に対するバイパス術、急性動脈閉塞に対する血栓除去術、慢性腎不全に対する血液透析用内シャント造設術、静脈瘤手術など

▲このページのTOPに戻る

診療実績(症例数、手術件数等)

循環器内科

循環器実績

心臓血管外科

【症例数・治療・成績】
 2009年の手術総数は227例であり、心臓大血管手術が121例、末梢血管手術が106例

★心臓大血管手術の内訳

○弁膜症に対する弁形成術及び弁置換術:63例(僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術:22例)
○冠動脈バイパス術:16例(人工心肺を使用しない低侵襲手術:11例)
○胸部大動脈瘤手術:20例(急性A型大動脈解離に対する緊急手術:5例)
○左室形成術:8例(重症心筋症に対するオーバーラッピング手術またはセイブ手術:7例)
○その他の心臓手術:14例
図1

動脈グラフトを使用した人工心肺非使用冠動脈バイパス術

弁膜症手術では積極的に弁形成術を行っており、また心房細動を合併している22症例に対し
メイズ手術を施行し、ワーファリンを必要としない治療を目指している。
重症心不全を合併した拡張型心筋症や虚血性心筋症に対しては、積極的に左室形成術や僧帽弁形成術を行ない、さらに両心室ペーシング植え込み術を行うことで心機能の改善を得ている。

図2 図3

後尖逸脱に対する人工腱索を用いた僧帽弁形成術

★末梢血管手術の内訳

○腹部大動脈瘤手術:38例(ステントグラフト治療:10例)
○下肢バイパス術:13例
○下肢静脈瘤手術:24例
○その他:31例

※10年より胸部大動脈瘤に対するステントグラフト治療も開始した。

図5  図6

腹部大動脈瘤に対するスラントグラフト内挿術

【その他】
 ○最近高齢者の心臓手術が増加しており、術直後より心臓リハビリテーションを積極的に行うこ
   とで早期離床、早期退院に努めている。

▲このページのTOPに戻る

学会、研究など

 循環器疾患の診断・治療に関する進歩は目覚しいものがあります。当センタースタッフは、国内外の学会・研究会に積極的に参加し、日夜研鑽に勤めております。
 また、地域の病・診連携、病・病連携として、以下の企画・運営に関わっております。

○ADATARA Live Demonstration;カテーテル治療の全国規模ライブ研究会
○MCIC;カテーテル治療困難例の終夜症例検討会
○県南CTO倶楽部;カテーテル治療困難例の症例検討会
○県南不整脈研究会;不整脈に関する検討会・講演会
○CVCC(Cardiovascular Case Conference);循環器疾患患者の症例検討会
○ふくしま心エコー研究会;心エコーに関する生理検査技師と医師の合同研究会

市民講座

市民講座開催が決まりましたら、お知らせいたします。

▲このページのTOPに戻る

一般財団法人 太田綜合病院 Copyright © Ohta General Hospital All rights reserved .